はたてが 20141124 天地返し

date : 2014.11.24
 
 
スコップを使い天地返しした畑

こんばんは、浅川です。

ここ数日は、日中暖かな日が続きましたが明日以降は天気は下り坂のようです。
収穫が終わった とある区画で良い作業例がありましたので、参考までに写真を添付します。
添付写真は、天地返しという作業をした直後の写真です。
畑にとっては素晴らしい作業なので参考にしてください。
スコップなどで畑を掘り返してボコボコの状態にしてなるべく多くの土を寒気に当てます。
連作障害などにも効果があるようですので参考にしてください。
※平ではなくボコボコな状態で土を寒さにあてることがポイントです。
————————————————————————————————————————————————————————————
ウイキペディア参考
天地返し(てんちがえし)とは、農耕分野の用語で、深耕し、耕地の表層と深層を入れ替えることである。
大型機械を用いて耕地を耕すと、その踏圧によって耕盤層と呼ばれる硬い層が形成される。このような層に作物は根を張ることができないため、作物が充分な根を張るには深耕する必要がある。深耕自体にもこのような効果がある。
さらに、耕地の表層と深層を入れ替える天地返しという観点では、以下のような効果もある。これらは連作障害の回避にも繋がるものである。
  • 寒気に耕地の表層と深層を入れ替えることで、深層で越冬しようとしていた害虫、雑草の根、土壌病害の原因となる病原菌を寒さに晒し、退治する
  • 前回の耕作で使った堆肥が深層に溜まってしまうため、その堆肥を表層に出すことで均一化する
江戸時代の富士山噴火の際は火山灰によって農作物が育たない事態になったため、天地返しを行った記録があり、実際にその地域では断面でみると土の色の違いで天地返しが行われたことがわかる。
————————————————————————————————————————————————————————————
PAGE TOP