NEWS

お知らせ

6月13日現在、花摘み園のお花がだいぶ開花してきました。
今期は、バケツ1杯、お好きな花を摘み取っていただき1000円で販売いたします。バケツ持参でお出かけください。996854_482522281822189_11724048_n


こんばんは、浅川です。
農園参加者の皆様にBcc で送信させていただきます。

本日共同作業にご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
おかげさまで畑の準備が、ほぼ整いました。
全区画トラクターでふかふかに耕しましたので、ジャガイモの植え付けをすぐに行う方は
耕耘機なしてすぐに畝が作れる状態です。

明日は、ご都合のつく方で、小屋の屋根の補修、ジャガイモの小分け作業などを
行い、終了となります。

以後のスケジュールですが、以下となります。

じゃがいも植え付け適期 本日以降〜5月上旬まで
トウモロコシ種まき適期 4月下旬〜5月中旬
その他 苗の植え付け適期 5月中旬〜

※看板(自分の畑の名前を書く看板)が古くなってしまった方、新規加入の方は、ティピー(白いテント)の中に新品がありますので、
お使いください。

初参加の方は、初回訪問日をお知らせいただければ、現地にて作業の指導をさせていただきます。

毎月第一土曜に開催しています焚き火の会は、
5月4日(土)午後4時準備開始 5時スタートで予定しております。


先週、悪天候により延期しましたが、今週末、4月13日〜14日、開園に向けての準備作業『共同作業』を開催します。ご都合のつく小作人の皆様はご協力お願いいたします。

予定日 4月13日(土)午前9時〜
    4月14日(日)午前9時〜

※昼食はこちらで準備させていただきます。
※新規参加者の方で共同作業時にお越しいただける方は場所をご覧いただき決定させていただきたいと思います。


あおぞら農園文化祭の件         平成24年9月14日
      幹事(代表 吉竹)
第4回「農園文化祭」を下記要領で企画しました。過去3回おかげさまでご好評をいただきましたが、出展者にご負担をかけていないかとの懸念もあり、今 年は見送ろうかと考えていましたが、新たな出展者も含め「今年も楽しみにしています」との声が多く聞かれましたので開催することになりました。これまで出展されていない方も含め、どんな分野でも結構ですのでふるって参加していただきたくご案内申し上げます。収穫祭の前の9日間を楽しめることを願っています。作品を出されない方も期間中に是非会場へ足を運んでいただき仲間の作品を鑑賞してください。
開催要項
 1.日時  10月20日(土)~28日(日) 収穫祭は27日
       10時~16時(最終日は15時)
 2.展示搬入10月19日(金)午後2時より会場にて
   作品は事前に浅川さんまたは吉竹に渡してください
   吉竹Tel(090-7614-1496)
  出展希望者は早めに作品の概要をおしらせください。10月16日締め切り
 3.場所  谷桜本社ギャラリー(大泉「ひまわり」の近く)
 4.搬出は28日(日)15時以降会場にて
 5.参加費
   出品数に関係なく1家族1000円(ふたりでも同じです)
   展示用金具やお茶、通信費、備品、店番のかたの昼食代(1000円)、会
場へのお礼に使わせていただきます。
 6.作品は小作人本人または家族のかたのものであれば、ジャンルは問いま
せん(もちろん事前審査もありません)。個人で収集されているもので
も結構です。ちなみに昨年の作品例は下記の通りです
  写真、絵画、押し花、書、ステンドグラス、ミニチュア、絵手紙,キルト、皮細工
  刺繍、陶芸、ガラス細工、苔玉、木工、手芸、映画プログラム、絵日記
  アクセサリー、マジック(実演)鎌倉彫、編み物、トールペイント、布遊び
 7.搬入時の会場準備、開催時の店番などお手伝いいただける方を募集して
いますのでお申し出ください。


使用済みマルチの件

date : 12.09.15

 
 本日ティピーの広場の自販機の横に使用済みマルチが捨ててありました。マルチにつきましては、産廃の費用が高額になるので、各自で家庭ゴミとして処理いただけるとたすかります。
 又、焚火をするかまどにアイスの袋、ビニールゴミも捨ててありましたのですが、焚火のかまどは
飲食するためのものなので、薪以外は燃やさないようにご協力下さい。


収穫祭のお知らせ

date : 12.09.07

こんにちは、浅川です。今週の画像を更新しましたので、ご確認下さい。
秋の植えつけが半分くらいの区画が完了した感じです。まだの方はご予定下さい。

今年の収穫祭及び文化祭ですが、今の所以下の日程で予定しております。

文化祭 10月22日〜28日

収穫祭 10月27日


耕運機使用のお願い

date : 12.08.23

これから秋野菜への切り替え時に耕運機を皆さんに使っていただきますが、以下の項目をご注意下さい。

1、残さや雑草は取り除いてから使用してるださい。
  耕運機の刃はくるくると回転して耕しますが、絡まるような物があるとうまく耕せませんので、ご注意下さい。
2、チョークを引くのはエンジンスタート時のみ、エンジンがかかったらもどして下さい。
3、エンジンスタート時に引っ張るヒモは強く引きすぎないようご注意下さい。
  止まるまで強く引っぱりすぎるとヒモが切れてしまいます。
  ※エンジンがなかなかかからない時はガソリン切れかもしれません。
   あまりしつこくヒモを引っぱらないで下さい。
4、ガソリンのコックは開けたままにしておいて下さい。
5、使用後は刃に絡まった物や土を取り除いて下さい。
6、アクセルのワイヤーは亀マークへもどしておいて下さい。


夏野菜の収穫がまもなく区切りとなりますが、そろそろ秋野菜の種まき、植えつけの準備が整いましたので、
作業準備をお願いいたします。
植えつけ適期は9月9日くらいまでが最適です。

オプションをお申し込みの方は、以下の物資をお渡ししますので、ビニールハウスへお立ち寄り下さい。

●化成肥料、ダイコンの種40個、ハクサイの苗10個、キャベツやブロッコリー、レタスなどの苗からお好きな物10個

※マルチは農機具小屋にある黒マルチをお使い下さい。

秋野菜への切り替え作業

1、雑草や残さの撤去(土をよく落として区画内に残さ置き場を設け仮置きして下さい)
2、雑草や残さがない状態にしてから耕運機で土を耕す。
3、化成肥料を散布して畝づくり(ダイコンはマルチなしの高い畝、その他の苗は黒マルチの平畝)
4、植えつけ作業
5、植えつけが完了したら、残さや雑草を畝間に敷く(雑草よけになります)
  ※算さや乾いて枯れた雑草は畑に戻す事によって水掛けの良い畑になります。

新年度の方や、やり方がわからない方は以下の日程で講習会を開催しますのでご参加下さい。

秋野菜の植えつけ講習会
講 師 お助け母さん
開催日 8月25日、26日、
    9月1日、2日、8日、9日
    午前10時〜11時
場所  ティピー広場


ジャガイモの収穫

date : 12.07.21

そろそろジャガイモが収穫できそうです。
収穫の目安は葉が黄色くなってきたらそろそろ試し掘りをしてみて下さい。
これからの時期、気温が高くなり、茎や葉が完全に枯れてからだとお芋が痛みやすくなりますのでご注意下さい。


おはようございます。浅川です。
只今農園での日食見物から帰ってきました。大勢の方が農園にお集りでした。

さて、今年はナス科のお野菜の天敵、ニジュウヤホシテントウが大量発生の兆しがあります。
発芽したてのジャガイモの葉やナス、トマトなどの葉を食い荒らします。
また、葉の裏に黄色い卵を生み、孵化した幼虫も葉を食い荒らします。

そんなわけで、見かけたら即座にとってつぶして下さい。
また、ご近所の畑にいても徐々に侵略してきますので、自分の畑以外でもみかけたら
駆除にご協力下さい。

てんとう虫に似た点がいっぱいある虫です。


PAGE TOP