NEWS

お知らせ
スコップを使い天地返しした畑

こんばんは、浅川です。

ここ数日は、日中暖かな日が続きましたが明日以降は天気は下り坂のようです。
収穫が終わった とある区画で良い作業例がありましたので、参考までに写真を添付します。
添付写真は、天地返しという作業をした直後の写真です。
畑にとっては素晴らしい作業なので参考にしてください。
スコップなどで畑を掘り返してボコボコの状態にしてなるべく多くの土を寒気に当てます。
連作障害などにも効果があるようですので参考にしてください。
※平ではなくボコボコな状態で土を寒さにあてることがポイントです。
————————————————————————————————————————————————————————————
ウイキペディア参考
天地返し(てんちがえし)とは、農耕分野の用語で、深耕し、耕地の表層と深層を入れ替えることである。
大型機械を用いて耕地を耕すと、その踏圧によって耕盤層と呼ばれる硬い層が形成される。このような層に作物は根を張ることができないため、作物が充分な根を張るには深耕する必要がある。深耕自体にもこのような効果がある。
さらに、耕地の表層と深層を入れ替える天地返しという観点では、以下のような効果もある。これらは連作障害の回避にも繋がるものである。
  • 寒気に耕地の表層と深層を入れ替えることで、深層で越冬しようとしていた害虫、雑草の根、土壌病害の原因となる病原菌を寒さに晒し、退治する
  • 前回の耕作で使った堆肥が深層に溜まってしまうため、その堆肥を表層に出すことで均一化する
江戸時代の富士山噴火の際は火山灰によって農作物が育たない事態になったため、天地返しを行った記録があり、実際にその地域では断面でみると土の色の違いで天地返しが行われたことがわかる。
————————————————————————————————————————————————————————————

はたてが 20141120

date : 14.11.20

こんにちは、浅川です。
今日は曇っていますが、穏やかな感じの農園です。
本日の画像を公開させていただきました。画像アップにつきましては、今季は今日で最終となります。

本年もあおぞら農園にご参加いただきましてありがとうございました。

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。収穫がまだの方は、そろそろ最終の収穫をご予定ください。

さて、本日肥料店に出向き、ネコブ病に関する対策を聞いてきました。
ネコブ病に関しては、酸性土壌になりやすい日本の場合、どの畑でも可能性はあるそうです。
対策としては以下が効果があるそうです。

1、春先の植え付け前に事前に石灰、または苦土石灰などを散布する(4月ごろ)
2、牛糞や鶏糞などの肥料を1区画につき2袋くらい投入する。
3、アブラナ科を作る場所へ土壌殺菌剤(ねびじん)という薬を畝を作る時に入れる。

上記の対策を毎年行うことにより肥料屋さんの畑では、毎年同じ場所で白菜の連作可能(作柄も良い)そうです。

冬季に入りますと4月まで農園はクローズとなります。
ゴミやマルチ、風で飛ぶようなものは、お手数ですがお持ち帰りいただければ幸いです。

年度の切り替え(1月1日〜)となりますが、追って継続確認のお知らせをメールで送信させていただきます。

年度切り替えに関する順序

1、既存の方の継続確認(12月初旬)
2、既存の方の区画移動確認(12月初旬)
3、新規の方の受付(申し込み順で区画決定)

12月から3月までは、当方清里のスキー場(スキースクール)に勤務しております。
スキーをやられる方、やってみたい方は、お出かけください。(要スタッドレスタイヤ)


はたてが 20141115

date : 14.11.15

こんばんは、浅川です。
農園画像も来週の木曜日にアップして最終となります。
1シーズンご覧いただきありがとうございました。
さて、ここ数日は冬型の気候で風も強くなってきて、そろそろ朝晩氷点下マークが出てきましたので、最終の収穫をご予定ください。
また、強風が吹くこれからの季節は、使用済み資材が隣接の水田などに飛んでしまうことがございます。
使用済みマルチや資材などもお持ち帰りいただければ幸いです。
農園に設置してあります簡易トイレですが、凍結すると故障してしまうので、昨日返却いたしました。
また来春設置いたします。
トイレをお使いの際は、お手数ですが、谷戸城、図書館などの公共トイレをお使いいただければ幸いです。
今年の新米の乾燥が終わり準備が整いました。コシヒカリ新米、すごい美味しいです。
ご希望の方には販売させていただきますので、お知らせください。DSC_0009

今月に入り数組の方から白菜の生育が悪いとのお知らせがあり、調べてみたころ根瘤病が発生しているようです。

以下参照

http://www.pref.aichi.jp/byogaichu/seitaitoboujyo/3-hakusai/hakusai-nekobu.html

このような状況のある区画は、対象の根を放置せず畑の外に持ち出し家庭ゴミとして処理してください。

対象の根っこを放置すると広がる可能性があります。

(白菜は問題なく食べれます)

合わせてこちらで消毒(石灰及び薬剤により対策)を行いますので、ご自身の区画で症状がある区画はお知らせください。

002 001 003


11月8日に最終回の焚き火の会(芋煮会)を開催いたします。

ご参加いただける方はお知らせ下さい。
11月の焚き火の会 11月8日(土)
 午前11時集合 準備開始
   12時開始
メニュー 新米、芋煮、さんま他
参加ご希望の方はお名前と人数をお知らせ下さい。

11月1日、サンメドウズ清里スキー場で今期の収穫祭が開催されました。

ランチバイキングに続き恒例のじゃんけん大会など秋のスキー場で多いに盛り上がりました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

また、ゲーム大会のご協賛、ありがとうございました。

今期のお助け大賞

グランプリ ままーる、ぱぱーる農園

準グランプリ やつがたけのはたけByたくちゃん

準グランプリ いわちゃんず

IMG_2626

IMG_2630


こんばんは、浅川です。本日の画像をアップいたしましたので、ご覧下さい。

http://net-farmers.com/hatake2/

ジャガイモがそろそろ収穫できそうな感じです。
茎が黄色くなってきたら試し掘りしてみて下さい。

今週の19日から野菜の収穫体験の受け入れをスタート予定です。

今週の19日から野菜の収穫体験の受け入れをスタート予定です。

ズッキーニもとり頃を過ぎて大きくなっている区画がいくつかありました。
キュウリ、ズッキーニはあまり大きくならないうちに収穫してください。

延期しております焚き火の会ですが、降水確率50%のかめ、
当日19日の5時集合で降っていなければ実施したいと思います。
降っていなければ 午後5時集合 6時スタート予定

さて、今週はいよいよ夏の本番開始の3連休です。
当農園では、今週の19日から野菜の収穫体験の受け入れをスタート予定です。
お知り合いや親戚にお裾分けするのに、ご自身の区画のお野菜だけでは足りない方は
是非ご利用下さい。
(ジャガイモ、ピーマン、シシトウ、甘長トウガラシ、子供ピーマン、ナス、長なす、枝豆、ズッキーニ、キュウリ、モロッコインゲン、トウモロコシ他)

野菜の収穫体験は以下の料金でお受けいたします。
体験料 300円
いろいろお野菜1カゴ(1セット)500円(ナス、ピーマン、ジャガイモなど)
トウモロコシ1本 200円


2014年区画配置図

date : 14.04.16


2014全体マップ

date : 14.04.16

2014年の配置図

map


畑のナンバーと号について

ホームページで5月から11月まで全区画の画像を公開する際の号とナンバーの表記についてですが、
いままで旧1号(使っていない区画)で001から026のナンバーを使用していたので、実際の1号の最初の区画が
027番となっておりました。管理上不具合があるため、今期より未使用の001~026を実際の通し番号とリンクさせ、1号の最初の区画(いわちゃんず)を001からはじまりに訂正したいと思います。そのため、全区画の管理番号が26マイナスで振り当てられますので、お願いいたします。

新番号は、1号のトップ(いわちゃんず)が001からスタートとなります。
近日中に移動や新規加入者を配置し、ページでの新ナンバーが振り当てられますので、よろしくお願いいたします。

また、HPでは、は001からはじまる畑ナンバーのみの表示となり、号は未表示となります。

※HP以外のリアルな畑の呼称としての1号から5号の呼び名はそのまま使っていきます。


3 / 1012345...10...最後 »
PAGE TOP